和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

座骨神経痛

←具体的な治療方法にもどる

座骨神経痛

座骨神経痛と呼ばれるものにも
整体にて改善するものがあります。

一般的に座骨神経痛の原因としてヘルニアや
梨状筋症候群(座骨神経の出口で筋肉によって圧迫を受ける)
などによりしびれが出ると言われています。

この様な症状をお持ちの方はまず力が入るか、
筋肉がやせて萎縮していないか排尿や排便が
わかりにくくないかなどの症状を確認します。
これらが著明にあればまずは整形外科に行った方がいいでしょう。

ところがしびれはあるがその他の症状はそれほどでもなく、
しびれも膝から下だけという場合などは
関節のズレから来ていることがあるので
整体にて改善が期待できます。

具体的には膝から下を下腿(かたい)と呼びますが
この外側に腓骨という骨があります。
この骨の一番上は膝の外側で横に飛び出しているところです。
下は足首の外側で「そとくるぶし」と呼ばれる所です。
整形外科ではあまり重要視されない骨ですが
整体では非常に大切な骨です。
この骨が上下、前後にずれたり横に飛び出したりすると
しびれなどの症状を引き起こすことがあります。

そのズレはどうやって診れば良いのかと言いますと、
例えば一例として
①アキレス腱からふくらはぎにかけて筋肉が固くなっていないか。
②腓骨の一番下(そとくるぶし)を押してみて痛みが無いか。
などを診ます。

これらの症状があれば腓骨が下に下がっていることがあります。
実際にみるときにはもっと細かく色々な方向について検査します。
これを修正してやればいいのです。

ではその修正方法はと言いますと
これも一例の紹介になるのですが
簡単にできる方法として
痛みのある足と同側の手の
小指の第2関節(指先から2番目の関節)の
外側を軽く指で押します。
軽くです!
押さえる方向はやや指先に向けてです。

10〜30秒

そうすると下がっていた腓骨が元に修正されてきます。

その後「そとくるぶし」の痛みやふくらはぎの硬さを診ます。
残っていればさらに何回か行います。

手の指を押さえてなぜ腓骨が調整されるの?と
思われるかもしれませんが、一度試してみて下さい。
人間の体の不思議さに驚かれると思います。

また腓骨が整うと「足がつる」のも楽になったりします。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional