和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

耳鳴りとパソコンネック

←トップに戻る
←具体的な施術方法に戻る

耳鳴りとパソコンネック

耳鳴りの原因はこんなところからかも

耳鳴り!!

結構多くの方が悩んでいるのではないでしょうか?

この耳鳴りですが
パソコンネックと関係があるようです。
(パソコンネックの詳しい解説は「パソコンネックの見かた」からどうぞ)

特に次のような症状に当てはまる方は
パソコンネックからの影響があるかもしれません。

1、耳鳴りがしてお医者さんに行ったけども特に問題がなかった。
2、普段仕事などでよくパソコンを使う
3、やや猫背気味である
4、アゴが突き出ている
5、頭痛持ちである
6、気がつくと口呼吸になっている
7、後頭部を押すと痛い(特に耳の後ろの骨を押すと痛い)
8、耳鳴りが片方である
9、アゴがガクガク鳴ることがある
10、首の前の筋肉が張っていて押すと痛い
11、鎖骨の上のくぼみの所を押すと痛い
12、肩がよくこる

などなど

実際に耳鳴りで来られている方の姿勢を
見させていただくと
パソコンネックになっていることが多いのです。

そこでパソコンネックになった時にゆがみの出やすい
所を調整しますと
耳鳴りが軽くなることがあります。

一度の調整でかなり症状がおさまり
静かな所に行けばかすかに聞こえる
程度になった方もおられます。

では

なぜ?

耳鳴りがパソコンネックと関係があるのでしょう?

耳鳴りは耳の病気だからパソコンなんかと
関係なさそうですけどね。

その理由を私なりに考えてみますと

耳鳴りを持っている人の「ある骨」に特徴が
あるのです。

「ある骨」とは耳の後ろにある乳様突起(にゅうようとっき)と
いう出っ張った骨です。

これが下にさがっていることが多い!

この乳様突起は頭の骨の側頭骨(そくとうこつ)という
骨の一部です。

乳様突起が下がっているということは
この側頭骨も下がっているといえます!!

この側頭骨が非常に大切なのです。

なぜなら側頭骨の中に耳の器官が入っているのです。

これが下がってずれると
耳の器官も位置がずれてどうも耳鳴りが出やすい様です。

そこでこの側頭骨を下げる原因の一つが
パソコンネックというわけです。

パソコンネックになると
アゴが突き出た姿勢になります。

この時に首の前の筋肉(胸鎖乳突筋といいます)が
非常に頑張らないといけなくなり
カチカチに固くなります。

そうするとこの胸鎖乳突筋は側頭骨の乳様突起にくっついて
いますのでこれを下に引っ張ってしまうと
考えられます。

それが耳の器官の位置を正しくない所にずらして
しまうようです。

これが耳鳴りにつながっているようです。

この様な症状がみられる場合は
調整としては次の様にします。

<耳鳴り調整方法>

まず胸鎖乳突筋は鎖骨と乳様突起についていますので
鎖骨の位置を調整した後
乳様突起をあげます。

そして胸鎖乳突筋を柔らかくほぐします。

次に首の骨を調整します。

後は必要に応じて頭の後ろの骨や肩甲骨、
骨盤を調整します。

この様に一見すると姿勢と関係のない様な症状も
全身のバランスで見ていくと関係のあることが分かります。

パソコンネックは耳鳴りだけでなく
頭痛、肩こりなどにも影響しますから
普段から姿勢は気をつけてくださいね。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional