和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

腰痛とむくみの関係

←トップに戻る
←具体的な施術方法に戻る

腰痛とむくみの関係

その腰痛はむくみからかも?

腰痛は多くの場合腰骨のずれが関係して痛みを
出しているのですが、
時々腰の骨はずれていないのに
腰痛を出す場合があります。

この様な時は足や体のむくみからきていることが

和歌山 腰痛

あるのです。

特に
①ズボンのベルトより上の腰が痛む場合
②立った状態で体を後ろに反らした時に痛い場合

この様な症状の時はむくみの可能性があります。

腰の骨のゆがみからきている腰痛の場合は
あなたの腰痛はどのタイプ?」のページに
載っている「腰痛ゆがみタイプ」のような症状が出やすいのです。

さらに腰のゆがみからきている場合は
大きな特徴があります。

立った状態で腰を反らす時の痛みが

後ろから痛い腰を手で支えてやると

楽になります。

ところがむくみからきている腰痛の
場合は手で支えてやっても痛みが

楽にならないという特徴があるのです

さらに
詳しく見るために
腰の次のような所を押していきます。

①腰骨の真ん中から指2本分外側を押します。
ここが痛いようでしたら「腰骨ゆがみタイプ」の
可能性があります。
和歌山 腰痛治療
②腰骨の真ん中から指3本分外側を押します。
ここが痛いようでしたら「むくみタイプ」の
可能性があります。

和歌山 腰痛予防
この様な特徴があるので
まず検査をして「腰骨ゆがみタイプ」の腰痛なのか
「むくみタイプ」の腰痛なのか検討をつけます。

その上で
それぞれの症状に合った施術に入って行きます。

ではなぜ?
むくみがあると腰痛が出るのかと
言いますと。

いらない水分を外に出す働きをやっているのが
腎臓なんですが、これのある場所が
ちょうど腰骨の付近にあたります。

むくみのある時はこの腎臓の働きが
何らかの原因で
低下して弱っていることがあります。

そうすると腎臓の位置している腰骨のあたりに
痛みがでてきやすいようです。

それが腰痛として感じられるようです。

施術内容
①「腰骨ゆがみタイプ」
腰骨ゆがみタイプの腰痛は何より
何番目の腰の骨がどちらにゆがんでいるのかを
丁寧にみます。
ゆがんでいる方向は人それぞれ違いますので
それを確認して修正します。
ゆがみを取ったあとは骨と骨の間の関節が楽に動く様に
遊びを作って行きます。
さらに周りの筋肉がアンバランスになっているので
それらも調整します。
あとは必要に応じて微調整を行っていきます。

②「むくみタイプ」の腰痛は
頭痛、肩こり、腰痛は冷え・むくみから!」のページに
載っているような
足のポイントを押していったり
背中のむくみ解消のポイントを押していったり
します。

そして家でできるむくみ解消体操なども
指導させてもらいます。

この様に一見すると同じ腰痛に見えるのですが

よくよく見ていくと原因が違っているのがわかります。

そうなるともちろん施術内容
変わってきます。

腰痛は本当に一人ひとり原因が違いますので
それに応じた施術が必要となってきます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional