和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

膝痛の見方

Top / 膝痛の見方
←具体的な治療方法にもどる

膝痛の見方

  • 膝の評価

膝の痛みをみるときはまず足首にズレがないかみておきます。
足に問題がある場合は先にそちらを修正してから
膝に入ります。
ここでは足首は問題ないとしてみていきましょう。

膝は3方向にずれることがあるのでそれぞれみていきます。

1.内と外のネジレのみかた

膝痛のみかた
まず、膝の真ん中に膝蓋骨(しつがいこつ)という丸いお皿の形をした骨があります。そこから足首に向かって伸びている骨が脛骨(けいこつ)という骨です。
俗に弁慶の泣き所と呼ばれているところです。
この脛骨の中心が膝蓋骨のどこを通っているかみます。
通常は膝蓋骨の中心からやや外側にあります。
これが内にある時を「内旋」、外にある時を「外旋」といいます。
これで脛骨が内または外に回旋してネジレているのをみます。

2.内と外への側方へのズレのみかた
膝痛のみかた
膝蓋骨の下で内や外の部分を押します。
そして内が痛いときは内側にズレています。
外が痛いときは外側にズレています。

3.前後へのズレのみかた
膝痛のみかた
膝の裏を押してみます。ここが痛いときは膝が前方にズレいる。
膝蓋骨の下を押して痛いときは、後方にズレていると考えます。

  • 治療方法

1の修正の仕方(外旋している場合)
脛骨をパートナーに持ってもらって膝を曲げます。
次に内旋しながら勢いよくのばします。
簡単なネジレはこれで修正できます。

(別法)
足を投げ出して座ります。
足先を内に倒しておきます。
そして痛い膝と同じ方の手の小指内側を軽くなぜます。
一分ほどその姿勢で休む。
これで修正できているか再評価する。

2の修正方法(外側にズレている場合)
パートナーは修正する足の太股の内側を片手で持ち
もう一方の手で脛骨の外側を持ちます。
太股の手は外側に、脛骨の手は内側に向かって一気に押します。
これで修正確認します。

3の修正方法(前方にズレている場合)
寝て膝を立てます。
パートナーは膝の下を両手で前方より持って、勢いよく前方に引きます。
何度か行ない、修正できているか確認します。

あとは膝蓋骨周りをほぐします。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional