和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

鎖肛の便通を良くする方法 その3|和歌山市 海南市 整体りらく亭

←トップページに戻る

鎖肛の便通を良くする方法 その3|和歌山市 海南市 整体りらく亭

脳脊髄液の流れと頭蓋骨の動きが神経の発達を促します!

鎖肛のお子さんで便通を良くする方法について今まで
その1(←ここをクリック)と
その2(←ここをクリック)
で解説してきました。

これら2つは便通を良くする2大ポイントの一つである腸内環境を整えることになります。

今からお話するのは残りのポイントの腸の動き自体を良くする方法です!

便通(排便)をよくするときはこの2大ポイントである腸内環境と腸の動きの両方に施術を行う事が大事です。




(腸の動きを良くする方法)

鎖肛のお子さんは多くの場合手術をします。

そして外科的に形を整えていきます。

そうして手術がうまくいったとしてもその後の排便が自分でコントロールできるようになるとは限らないのですね。

手術で腸の形は良くなったのになぜ・・・・・?うまく排泄がいかないんだろう???

そう思われるお母さん、お父さんも多いのではないでしょうか?

これには理由があるのです。

腸は手術によっていい形になったとしても、腸を動かしているのはです!

ここから適切な指令が行かないといくら腸の形が整ったからと言って動くとは限らないのです!

脳からの影響とは具体的に何かといいますと・・・。

頭蓋骨のゆがみや、脳脊髄液の流れ停滞です。

頭蓋骨や脳脊髄液と言われても初めて聞く言葉かもしれないし、チンプンカンプンかもしれません。

これからできるだけ詳しくご説明させて頂きますので良かったら読んでください。




とりあえず分かりやすく短く説明すると、

脳や神経が正常に発達するためには頭蓋骨が動いて脳脊髄液がサラサラ流れる事が必要。

鎖肛のお子さんはこれが滞っているので脳から肛門に指令が行きにくいのでコントロールができにくい。

ということです。




これをきちんと施術していくと排便感覚がつきやすくなってくるのですね。

※ただこれは私が自分が鎖肛だった経験と、現在みさせて頂いている鎖肛のお子さんの施術経験からの考えです。必ずこうだという訳ではありません。




ではここからより詳しい内容に入って行きます。

まずそもそも赤ちゃんがお腹の中でどのように育つかを知っておいてほしいのです。

受精卵から分裂して段々と赤ちゃんの形になっていきます。

ところが初めは骨がまだまだできていない状態です。

どの様な状態かといいますとの状態です。

柔らかい膜の状態なのです。

そしてこの膜が脳や腸の形になっていきます。

ところがこの膜の状態で腸などを形作っていく段階でゆがみやねじれが何らかの原因で発生することがあると言われています。(特に薬を飲んだとか放射線を浴びたとかの原因が無く、普通にしていたとしても)

このゆがみやねじれが腸を詰まらせる原因になったかもしれないのです。(はっきりと断言はできませんがこの様な理由も考えられます)

そしてこの後骨が形成されて赤ちゃんになっていきます。

ところが頭蓋骨や背骨(脊髄神経がこの中を通っている)は膜が固くなったものなのです。

その為膜の段階でゆがみの出ていた赤ちゃんはこの頭蓋骨などにもゆがみが出ている事があるのですね。

ですから生まれてから頭蓋骨をみさせて頂くとゆがみのある場合が多いです。

そして頭蓋骨のゆがみがあると神経の発達に影響の出る事があるのです。

(頭蓋骨のゆがみが神経に与える影響)

頭蓋骨がゆがむと脳脊髄液という液の流れが妨げられます。

この脳脊髄液というのが脳から脊髄の神経に栄養などを供給して正常に働けるように潤してくれています。

そしてこの脳脊髄液を循環させているのが頭蓋骨の動きなのです。

だんだん分かりにくくなって来たかもしれないのでわかりやすくしますね。


1、受精卵から胎児になる膜の段階でゆがみ、ねじれが生じる


2、ねじれは腸などの形成に影響を与えて鎖肛の原因になる可能性がある。


3、膜がねじれたまま骨が形成されていくと頭蓋骨もゆがむ。


4、脳脊髄液という液が脳や脊髄神経に栄養などを送って神経が働けるようにしている。


5、脳脊髄液は頭蓋骨が開いたり閉じたりの動きをすることによって循環している。


6、頭蓋骨がゆがんでいると開いたり閉じたりの動きが小さくなってしまう。


7、脳脊髄液の循環が低下する。神経系が発達しにくい。


8、生まれてからの成長段階で脳から肛門への指令が行きにくくなる。
排便のコントロールが身につきにくい。



この様な仮説が立てられるのですね。

そしてここで大切なのはこの仮説に基づいて施術を行った時に、鎖肛のお子さんの排便感覚がつくかどうかなのです。

仮説は研究者や立場によって色々な考え方があるので、どれもいいと思います。
ただ何よりもお子さんに役立つかです。

そしてこの頭蓋骨がゆがんで動きが小さいのは直接手で触って感じます。

軽く頭蓋骨に触れてジーっとしているとわずかな動きが感じられます。

そしてこの動きの小さいお子さんは頭蓋骨のゆがみをとっていくと、動きが大きくなってくることがあるのですね。

そしてこれを数か月続けて排便感覚が出てくるか見ます。

実際当院に来られているお子さんは幸いにして出てきてくれています。

この様にして鎖肛という持って生まれた症状の時はお腹の中の影響を考慮した施術を行い、排便感覚を養うお手伝いをします。

下の写真は実際の頭蓋骨調整の施術風景です。

頭蓋骨が整うと気持ち良くて寝てしまうことも多いです。



鎖肛治療 鎖肛排便できる 鎖肛便意が出てきた 和歌山市 海南市 整体りらく亭


これが鎖肛の時に行う腸の動きを良くする方法です。

次回はさらに排便感覚を養うのに重要な事と施術内容についてご説明させて頂きます。ここをクリックしてください。



整体りらく亭概要  和歌山県海南市の鎖肛専門整体

うれしいお知らせ!!
整体りらく亭の整体が和歌山市北島でも受けられる様になりました。
ガーデンパークメッサから車で1分の所です。
たけだ整体院に併設で整体りらく亭(北島店)です。
北島店の営業日は月、火、木、金曜日です。
それに伴い海南本店の営業は水、土、日曜日となります。
詳しくはこちらをクリック⇒詳しい場所


電話予約は今すぐこちらから
【電話番号】080-3794-1989(予約制)
海南本店、北島店共通
⇒初めての方でも簡単電話予約の方法はこちらをクリック

メールでのご予約・無料相談はこちらをクリックして下さい。クリックしたからと言ってすぐにご予約成立にはなりませんので安心してクリックして下さい。



(海南本店)
【住所】和歌山県海南市日方468-1 駐車場あります
【営業時間】午前9時~午後8時 水、土、日

不妊 ぎっくり腰 脊柱管狭窄症 慢性腰痛 和歌山市 海南市 有田市 紀の川市 岩出市 伊都郡 橋本市 整体

【アクセス】JR海南駅徒歩7分
⇒詳しい写真付きの道順案内はこちらをクリックして下さいね!

和歌山市 海南市 紀の川市 岩出市 伊都郡 整体 腰痛 頭痛 偏頭痛





(北島店)
【住所】和歌山県和歌山市北島100-16   駐車場あります
【営業時間】午前8時30分~午後6時30分 月、火、木、金
画像の説明

⇒詳しい道順案内はこちらをクリックして下さいね!



電話予約は今すぐこちらから
【電話番号】080-3794-1989(予約制)
海南本店、北島店共通
⇒初めての方でも簡単電話予約の方法はこちらをクリック

メールでのご予約・無料相談はこちらをクリックして下さい。クリックしたからと言ってすぐにご予約成立にはなりませんので安心してクリックして下さい。




↑ページのトップへ
←直前のページへ戻る




a:380 t:1 y:0

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional