和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

骨盤のゆがみを正して腰痛予防!その2

←トップページに戻る
骨盤のゆがみを正して腰痛予防に戻る

骨盤のゆがみを正して腰痛予防!その2

自分でできる簡単腰痛予防

前回の「骨盤のゆがみを正して腰痛予防!」では骨盤が
前後にずれた場合の見方と修正方法でしたが
今回は骨盤が上下にずれた場合の見方と
修正方法です。

<自分でできる腰痛予防法>

画像の説明

骨盤の上下といいますとどういう方向かと
言いますと
立った時に骨盤の左右どちらかが天井のほうに上がっているか
または地面のほうに下がっているかをみます。

腸骨(骨盤の両端の骨です)の上が左右で比べた時に
どちらかが上がっているか下がっているか。

ここはちょうどズボンをはいた時にベルトの位置になります。

画像の説明

<腸骨の高さのみかた>

腸骨の高さは自分でも確認できます。
次のような方法で見てみるのも一つです。

鏡の前でリラックスして立ってみます。
(できれば服を脱いだ方がいいでしょう)

そして腰のくびれが左右で同じかみます。
右と左でくびれの多い方、少ない方を
確認します。

右の絵では右にくびれがあり、左は少なくなって
います。

画像の説明

次にズボンをはいた状態で
ベルトが水平になっているかをみます。
水平でない場合は右下がりか、左下がりかみます。

さらにズボンのすそが右と左で同じようにかかとに
かかっているかをみます。

ジーパンなどをはかれている方なら、片方のすそが
すり減っていることから分かります。

右の絵では左のすそが下がっています。

見るのは以上の①~③です。

さて腸骨の上がり下がりをここから
どう見るかですが

・左のくびれが少ない
・ベルトの左が下がっている
・かかとが左が下がっている

このようなときは腸骨の左が下がって
いると考えられます。

右が下がっている場合はこの反対です。

これらがあると腰痛につながる
可能性があります。

その修正方法は次回紹介します。
お楽しみに。

修正方法:骨盤のゆがみを正して腰痛予防!その2 」はこちら⇒

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional