和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

不妊で受精。着床しやすい卵子の育て方について|和歌山市 海南市 有田川町 不妊専門整体りらく亭

不妊で受精。着床しやすい卵子の育て方について|和歌山市 海南市 有田川町 不妊専門整体りらく亭




子供が欲しい。

なかなかできない。

そのような時にやはり一番基本となるのが
質のいい卵子を育てるという事になります。

では
質のいい卵子はどの様に
育てるのかと言いますと。

(いい卵子の育て方)

卵子は卵巣の中で約100~120日
かけて育ってきます。

始めは原始卵胞という小さい小さい卵子のもとの
状態です。

これが先ほどの100~120日かけて
育ってきます。

そしてたくさん育ってきたうちの
選りすぐられた1つが排卵されます。

この育ってくる過程で
きちんと血液に乗って
栄養や酸素、ホルモンが
供給され続けると
いい卵子が育つ可能性が
多いです。

逆に言うと
血液循環が良くなくて
育つために必要なものが
十分供給されないと
しっかりとした卵子が育た
ない可能性があるのです。

ですからいい卵子を育てる時は
100~120日しっかりと
血液循環を良くすることが
大前提となります。

これには
冷えやストレス、悩み
運動不足、座りっぱなし、
筋肉カチカチ、自律神経緊張
などは大敵になります。

自律神経の緊張は
血管をギュ~っと収縮
させてしまうので
血液循環は低下して冷えます。

これらを改善すように
・お風呂にしっかり入る
・軽い運動、ストレッチをする
・体を温める食べ物をとる
・自律神経をゆるめる整体を受ける
・パソコン、事務仕事の間に複式呼吸をする
・大股で歩く
など、など

みなさまの状況にあったことを入れていくと
循環がいい体質を手に入れられます。

それが何よりも
いい卵子を育てることにつながるのです。

実は子供ができにくい時に
こんな日常の何気ない事が
不妊につながっているということも
珍しくはないのです。

体外受精などの高度医療の前に
この様な事をきっちりと整えるだけでも
かなり変わると思います。

コメント


認証コード5566

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional