和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

子宮内膜を厚くする方法|和歌山県海南市 妊活ケア整体りらく亭

子宮内膜を厚くする方法|和歌山県海南市 妊活ケア整体りらく亭




子宮内膜が薄いと病院で言われた。

これが不妊の原因の一つかも?

そう思いの時に子宮内膜を
厚くする方法についてご紹介
させて頂きます。

そもそも子宮内膜はどの様にして
作られるかと言いますと。

子宮内膜を作りなさいというホルモンと
子宮内膜の材料となる血液からできます。

時々ホルモンが子宮内膜を作ると
思われている方もいますが
ホルモンはあくまで子宮内膜を
作りなさいという指令を出すだけです!

実際子宮内膜が厚くなっていく材料は
血液です。

ですからホルモンが欠けてもダメですし
血液供給が少なくても子宮内膜は厚く
なりません。

そしてこのホルモンはどこから出るのかと
言いますと

卵子が育ってくるときに
卵胞という袋の中で育ってきます。

生理が終わって次の排卵までの2週間の
間にこの卵胞がどんどん育ってきます。

この育ってくるときに内膜を
作りなさいというホルモンをいっぱい
出すのですね。

ところが卵胞の育ちが良くないと・・・・・、

このホルモンが少なくなる可能性が高いのです!!!

これでは内膜を作る指令が減ってしまうので
厚くなりにくいですね。

また、

いくらホルモンが出ても

今度は

冷えやストレス、自律神経の緊張、
筋肉カチカチ、お腹が硬いなど
がありますと

血液がうまく流れません。

その結果

内膜を作る材料が供給されないので

これも内膜が薄くなってしまいます。

整体では卵胞がしっかり育つように体質を改善したり、
血液供給がどんどん来るように循環を良くしてい行きます。

そして内膜を厚くしていくのですね。

もし
今内膜の事でお悩みでしたら
当院にお気軽にご相談下さいね。

コメント


認証コード5027

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional