和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

不妊 受精、着床しやすい卵子の育て方|和歌山市 海南市 下津町 妊活ケア整体りらく亭

不妊 受精、着床しやすい卵子の育て方|和歌山市 海南市 下津町 妊活ケア整体りらく亭




子供がなかなかできない。

病院に行って色々とやっているが
まだ結果が出ない。

そういう時に卵子がいい状態で
育っているかどうかがすごく重要です!

本日はいい卵子を育てる方法についてご紹介
させて頂きます。

通常病院では
卵子の育ちが良くない時は
卵胞刺激ホルモンなどを使って
卵子の生育を促すと思います。

すでに使われている方も
多いと思います。

そしてうまく育つ方はこれで
大丈夫です。

ところがこれらのホルモン剤を
使っているのに育ちが良くない。

しばらく使っていると
作用がはじめほどみられなくなってきた。

この様な事があります。

実はこれには理由があって
このことを理解すると
いい卵子を育てることに
つながります。

(いい卵子を育てる方法)

卵胞刺激ホルモンを使えば卵子が育ちそうなのに
なぜ育ちが思わしくないのか?

それは

ホルモンはあくまで卵巣(卵子を育てる所)に
「卵を育てなさい」という指令を与える
ものなのです。

その指令を受けた卵巣は卵子を一生懸命
作るのです。

ところがみなさんここで考えてみて下さい。

いくら指令がたくさん来ても卵巣自身が
働きにくい、疲れている、血液循環が良くない
などがあるといい卵子を作れるでしょうか?

卵巣が本来100%の力があったとして
冷えや血液循環不良、ストレス、自律神経緊張、
ゆがみなどがあると70%や60%などに
機能が低下している事も珍しくないのです。

これに気づかないまま
卵胞刺激ホルモンなどをドンドン使って
「卵子を作れ」「卵子を作れ」と指令を
卵巣に与えたらどうなるでしょうか?

卵巣が本当に疲れてしまって
反応しなくなってしまうのです!

これがホルモン剤を使っていると反応しなくなる
理由です。

ではどのようにしていけばいいか。

一番基本は卵巣が元気に100%の状態に近い
働きをできるようにすることです。

そうすればいい卵子を作る自力が高まります。

これには何はなくとも血流改善がすごく、すごく
大事です。

卵巣機能が低下している方を見させて頂くと
ほとんどの方で血の巡りが良くないです。

ここをドンドン血液が回るようにしてあげると
卵巣に新鮮な血液、酸素、栄養が行きます。

そしてそこで出た老廃物、毒素なども排出されやすいくなる
のでいつも卵巣はきれいです。
そして快適に働けるようになるのですね。

これが卵巣の機能をあげる基本となります。

こうしておいてホルモン剤を使えば
働きも良くなるのですね。

疲れた卵巣にムチ打つように頑張らせても
よくはないのです。

卵巣が元気に喜ぶようなことをしてあげると
ルンルンで働けるようになります。

もし今
卵子の生育の事でお悩みでしたら
ぜひ当院にご相談下さいね。

コメント


認証コード4703

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional