和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

多嚢胞性卵巣だとどうして子供ができにくいか|和歌山市 海南市 紀の川市 不妊ケア整体りらく亭

多嚢胞性卵巣だとどうして子供ができにくいか|和歌山市 海南市 紀の川市 不妊ケア整体りらく亭




多嚢胞性卵巣で生理が2~3か月に1回。

もしくは半年に1回。

そして多嚢胞性卵巣が不妊の原因になると
聞いたのだけども本当?

その疑問に本日はお答えさせて
頂きます。

多嚢胞性卵巣の場合お子さんができにくい。
不妊の原因になる可能性はあると思われます。

それはなぜかといいますと
排卵される卵子が言い方が悪いかもしれませんが
「古い」状態の事が多いのです。

本来排卵は毎月あります。

その時は毎月、毎月
常に新鮮な卵子が排卵されている事に
なります。

ところが多嚢胞性卵巣の方の場合は
2~3か月に1回の排卵とかに
なりますので
出てくる卵子が新鮮ではない可能性が
高いのです。

そうすると卵子の力が弱い事が考えれます。

そして受精や着床がやりにくい。

それが結果的に不妊につながる。

この様になります。

ではなぜ、多嚢胞性卵巣方は
排卵がやりにくいのか?

それは色々な原因があるのですが
多くの方で共通しているのが
冷え性です!

冷えて循環が良くない方が
非常に多いです。

その為卵巣(卵子を作るところ)の殻が
硬くなり卵子が出にくくなる。

そして卵巣の中に卵子がたまっていく。

これが一つの原因と考えられます。

実際当院でみさせて頂いている方で
相当重度の多嚢胞性卵巣の方でも
冷えをとり循環を良くしていくと
薬を使わずに、ほぼ正常の生理周期に
なった方もいます。

また季節的に1~2月は冷えます。

そうすると多嚢胞性卵巣の方は
今までよりも生理がより遅れることが
たびたびみられます。

これなどは冷えの影響を受けて
排卵がやりにくくなったと考えられます。

これらからも多嚢胞性卵巣の方は
循環を良くする。

これが非常に大事になります。

当院では多嚢胞性卵巣でお困りの方にも
整体を行っていますので
お気軽にご相談下さいね。

コメント


認証コード3962

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional