和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

不妊で卵子が育ちにくい解決方法、腹式呼吸|和歌山市 海南市 有田郡 妊活ケア整体りらく亭

不妊で卵子が育ちにくい解決方法、腹式呼吸|和歌山市 海南市 有田郡 妊活ケア整体りらく亭




赤ちゃんがなかなかできない。

この時の原因の一つが質のいい卵子が
育ちにくい。

そういう事があります。

卵子はもちろん卵巣の中で育ちます。

そして育ちが良くないと
病院とかではホルモン剤などを使って
卵子の生育を促進します。

ところがホルモン剤は卵巣に向かって
卵子を頑張って作るように指令を出す
役割なのです。

ホルモン剤が卵子を作ってくれるわけではないのです。

あくまで作るのは卵巣です。

ホルモン剤は指令を出すだけなのです。

ここですごく、すごーく
重要な事があります。

そもそも質のいい卵子を作りにくいと
言う時は卵巣の働きが落ちている事が
多いのです。

100%イキイキと働けなくて
機能が70%や60%に落ちている事が
多いのです。

そのため卵子を作りにくくなっているのですね。

ところがこの卵巣の機能が低下している事は
あまり問題にされることはないのです。

この60%などの状態でホルモン剤を
使ったらどうでしょう?

卵巣はそれでなくても何かの理由で
働きにくいのです。

そこに卵子を作るようにホルモン剤から指令が来る!

なかば強制的に作らされる。

しんどい卵巣は
さらに一生懸命に卵子を作らないといけない。

ホルモン剤を使いだした初めは頑張って作って
くれるでしょう。

ところがこれが続くとどうなるでしょうか?

もうお分かりだと思います。

卵巣はそのうちにヘロヘロに疲れ切ってしまうのですね。

こうならないためにも
まずは下がっている卵巣機能をあげるようにしていきます。

それにはまずは血流改善です。

卵巣機能が低下している多くの方に
共通しているのが血流低下や冷えです。

卵巣もほかの臓器と一緒でしっかりと
快適に元気に働くには、新鮮な血液がたくさん来て
十分な栄養と酸素が必要です。

さらに元気に卵巣が働けばそれに応じて
老廃物や毒素も出ます。

これをサラサラ血液だとドンドン排出して
くれます。

ですので卵巣には毒素がたまらないのですね。

これらの状態ですと卵巣は元気に80%や90%で
働けます。

多くの方でこれとは逆の状態になっているのです。

ですので病院でホルモン剤の薬をもらって使う事は
もちろん場合によっては必要です。

それであっても根本のみなさまの卵巣が十分元気に
働いているかどうかを見直すだけでも
質のいい卵子を作る事につながります。

具体的な対策方法は
動画でもさらに詳しくお話しさせて頂いていますので
ご覧くださいね。

もし今赤ちゃんができにくくてお悩みでしたら
当院にお気軽にご相談下さいね。

コメント


認証コード9064

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional