和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

いい卵子が育たない原因、低温期が高くないですか?

いい卵子が育たない原因、低温期が高くないですか?




いい卵子が育ちにくい!

これは妊活をしている方共通のお悩みです。

そしていい卵子が育ちにくい原因は様々ありますが
その一つが低温期が高いという事があります。

低温期が高いと実はいい卵子が育ちにくい傾向があります。

それはどうしてかといいますと
低温期は卵子を育てている時期です。

ところがこの時期に体温が高いとFSH(卵胞刺激ホルモン)と
言って卵胞を育てるホルモンにさらされる期間が短くなる場合が
あります。

そうするといい卵胞が育ちにくくなります。

この時期は低温期と呼ばれるくらいで
やはり低い方がいいのですね。

ところが36.5~36.8度以上が続いて高温期との差が
少ない方がいます。

この場合の原因ですが色々と考えられます。

高温期の後生理になって低温期に入るのですが、
高温期後半からもうすでに体温を上げるホルモンが
出ている方がいます。

この場合はきっちりと低温期に入らないのですね。

体温が高いまま続いてしまう。

こうなります。

そしてこの一因がストレスが関係しているように思われます。

職場などでストレスを受けている方にこの傾向のある方が
います。

そしてその対策ですが
これについてはあまり紹介されていないと思います。

体温を上げたり体を温める方法はたくさん紹介されていますが
下げる方法は少ないと思います。

下げる方法の一つをご紹介させて頂きますね。

それは首の後ろを冷や冷やシートなどで冷やすことです。

寝る時などに冷やして頂きます。

これを毎日行って頂きます。

そして基礎体温を見て頂くと
下がっている方がいます。

ただ体温を下げるのは本当にその人その人を見ながらに
なりますので詳しくは相談して頂いた方がいいと思います。

参考にしてみて下さいね。

コメント


認証コード2721

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional