和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

体外受精 卵胞が育ちにくい原因 低温期が高い|和歌山県整体りらく亭

体外受精 卵胞が育ちにくい原因 低温期が高い|和歌山県整体りらく亭

体外受精を行っている方でいい卵胞が育ちにくくて
悩んでいる。

もちろん病院で薬をもらっているが思うように
進まない。

そのような方も少なくはありません。

そのような場合の原因の一つが
基礎体温の低温期が高いという事があります。

低温期は通常36.4~5度くらいがいいのですが
36.7度前後の方がいます。

この低温期が高いと実は卵胞は育ちにくいのです。

低温期は卵胞を育てている時期ですが
この時に様々な酵素やホルモンなどが働きます。

その働きやすい温度が36.5度くらいなのです。

高いと働きにくいので卵胞の育ちに影響が出てしまうのですね。

そしてこのような傾向の方は
生理から排卵までが短いという傾向もあります。

通常生理から排卵までは14日ですが
これが8~10日という方も珍しくはありません。

これでは卵胞が十分に成熟する前に
排卵してしまうので育ちが良くないのですね。

このように元々の基礎体温が高いと卵胞に影響を与えます。

ではこの
低温期をどう下げるかと言いますと
頭やお腹にたまった熱を逃がします。

頭に熱がこもると
ここに体温中枢があるので
低温期が高くなる事があります。

その為頭の熱を抜くような施術を行います。

そしてお腹に熱がたまる方がいます。

これは体形が少しぽっちゃりしている方に多いです。

お腹周りの脂肪組織が断熱材のような働きをして
お腹の中のいらない熱を外に逃がしにくくなっています。

これで低温期が下がらないのですね。

この場合は腹式呼吸などで体温が逃げやすくします。

この様に現在体外受精をやっているけども
いい卵胞が育ちにくい。

そういう場合は一度基礎体温から
見直してみるといいかもしれません。

もし今体外受精でお悩みでしたら
当院にお気軽にご相談下さいね。

コメント


認証コード8846

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional