和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

痛みは悪者か?

←具体的な治療方法にもどる

痛みは悪者か?

  痛み!

本当につらいですよね。

頭や肩、腰、膝などが痛いと何をするのも嫌に
なったりしますよね。

でも・・・・・・

ちょっと考えて下さい!

「痛み」は本当に悪者なのか???

実は痛みは悪者とも言えないのです。

なぜなら・・・・・

「痛み」は我々に体の危険を知らせてくれる大切な、大切な
ものだからです。

その働きの一つには周りから体に対してケガをするような力が
加わった時にそれを痛みとして知らせてくれて
身を守ることができます。

例えばたたかれたり、ぶつけたり、とがったものを触る、切る
といったことに対して危険だよと教えてくれます。
また体の中に骨折や内蔵疾患などがあってもそこが痛くなって
教えてくれます。

この痛みが無かったら我々はケガや病気ばかりして
長生きできないのです。

この世には生まれながらにして痛みが分からない
「無痛病」という病気があります。
痛みが分からないのでけがや病気の繰り返しで
寿命が一般人よりかなり短いと聞きます。

この様に痛みとは我々の体を守る為に必要不可欠なものです。

と。。。。ここまでは一般的な話でしたが

いよいよ、整体との関係に入って行きます。
(前置きが長くなってしまいました)

特に整体と関係が有る「痛み」は
骨の関節周囲を押したときのものです。

先ほど書いたように体を壊すような力に対して
「痛み」は出ます。
つまりその力はそこそこ大きなものといえます。

ところがそんなに大きな力ではなく、軽い力で関節周囲を
押しても痛みが出ることがあります。
体に侵害となるほどの力ではありません。

これはつまりそこに何か問題があるよと、
体が教えてくれているとみることができます。

さらに言うと左右で押し比べてみて片方は痛いのに、
もう片方は痛くないというようなときには、
なおさら痛い方に何か問題が潜んでいると考えられます。

そこでその部分をよくよくみるとなにやら問題が見えて来ます。

それは関節がどちらかにズレているということです。

このズレがあるために軽い力で押しても
そこに痛みが出るようです。

それはなぜかというと、そのズレを修正すると
今まで押して痛かった所の痛みが消える事から分かります。

それに伴って頭痛や腰、肩、膝の症状まで
改善することが多いのです。

この様に整体では「痛み」というものは悪者とみずに、
体の変調やゆがみを教えてくれる「ありがたいもの」として
とらえることが多いです。

そうして治療を行っていく上で、そのありのままの痛みを
参考にしながらすすめていくのです。

一度皆様も「痛み」は自分の体にある不調を必死になって
教えてくれている「いいやつ」だと思って接してみて下さい。

今持っている症状に変化が出るかもしれません。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional