和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

腰の弾力性

具体的な治療方法に戻る

腰の弾力性

腰痛でりらく亭に見えられる方は多いのですが
その時に腰の骨のゆがみを調整します。
そうすると痛みの軽減はみられるのですが
立ったり座ったり、物を取ったりの動きが固い
ということがあります。

そうすると動作の時に柔らかさがないので
また腰痛が出てしまいかねません。

この場合
腰の弾力性が少なくなっていることが非常に
多くなっています。

弾力性というと
あくまで私が感じている感覚になってしまうので
伝えにくいのですが
ただ単に関節が柔らかいというだけでなく
弓矢が跳ね返るような弾む感じです。
このような弾力性のある場合は腰痛に
なりにくいように感じます。

これを調べる方法があります。

<腰の弾力のみかた>

まず畳の上に下向きで寝ます。手は体の横につけておきます。

そこからお尻を持ち上げていきます。
どちらかというと腰をまるめながら、
おへそを上に持ち上げるようにします。

腰の前の骨(ベルトのすぐ下の骨)が畳から
5cm程度浮く程度で構いません。

これをやってみると案外やりにくいことに気づきます。
初めてやる時はほとんど持ち上がらない方もいます。

これがやりにくい時は腰の弾力性が低下している
可能性があります。

簡単にできる人は腰の弾力性が保たれていると
考えられます。

この腰の弾力に加え骨盤の歪みを修正しておけば
かなりの腰痛予防になると思われます。

弾力性の取り戻し方については次回書きたいと思います。

腰の弾力性の取り戻し方はこちらから

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional