和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

骨盤のゆがみを正して腰痛予防

←トップページに戻る
←具体的な施術方法に戻る

骨盤のゆがみを正して腰痛予防

自分でできる簡単腰痛予防

骨盤のゆがみは腰痛に深く関係しています。

病院に行くほども痛くないんだけども
時々腰が痛い。

痛い時もあるけど、よくなる時もある。

何か自分でできる簡単な腰痛予防・改善の
方法はないのと言った時に役に立つ方法を
紹介します。

次の腰痛予防方法を見てもらって当てはまるようなら
それを修正することによって
予防につながることがあります。

画像の説明

<腰痛予防1>

骨盤は色々な方向にズレますが今回は
まず前後にずれた場合の見方と修正の仕方です。

①まず正座をします。
このときは何も意識せずに自然体で行ってくださいね。

その時に左右の足の重なりをみます。
画像の説明画像の説明

上の図のように右足が上に来ているのか、左足が
上に来ているのかをみます。

②次に正座のまま
左右どちらの膝(ひざ)が前に出ているかを
みます。
画像の説明

<①と②の結果から>

①と②で左足が上で右ひざが前に出ていると右の腸骨(骨盤の左右の骨を腸骨といいます:詳しくは「腰痛はなぜ難しい」を見てください)がうしろに傾いていることが考えられます。

逆に①と②で右足が上で左ひざが前に出ていると
左の腸骨が後ろに傾いていると考えられます。

これに当てはまる場合は腸骨の傾きから腰痛に
なっている可能性もあります。

次のような修正方法にて傾きを整えて見てください。

骨盤(腸骨)修正方法はこちら

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional