和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

体外受精でまだ赤ちゃんが来ない理由、採卵ができない|下津町 金屋町 海南市 妊活ケア整体りらく亭

体外受精でまだ赤ちゃんが来ない理由、採卵ができない|下津町 金屋町 海南市 妊活ケア整体りらく亭




体外受精を行う時になかなかうまくいかない。

そのような場合に色々な理由があります。

その中の一つの理由が採卵がうまくいかない
というものです。

通常体外受精の時に排卵誘発剤を使って
卵子を育てて採卵します。

ところがこの排卵誘発剤を使って育てる
時点でうまくいかない事があるのです。

排卵誘発剤を使えば卵子は育ちそうなものなのに
なぜ?うまく育たないの?

それについてご説明させて頂きます。

この時に重要なのが
そもそも卵巣が元気かどうかです!

卵巣が100%とは言わなくても
元気に快適に動いているかどうかは
すごく大事なのです。

ところが卵巣が元気かどうかなんて
病院でも言ってくれないし
気にしたこともない事がほとんど
なのです。

でも考えてみて下さい。

卵巣もほかの臓器と一緒で
何らかの理由で疲れたり
働きが低下することは
普通にあるのです。

そして仮に卵巣の機能が
70%や60%に下がっていたとします。

そこに排卵誘発剤を使って卵子を作るように
頑張らせます。

初めは頑張って作ってくれますが
そのうちにますます疲れて
結果的にいい卵子を作れなくなるなんて
事にもなるのです。

これではいい採卵は望みにくいのですね。

いい採卵をするためには
卵巣を元気にして80%や90%くらいの
機能を発揮できるようにしておくと
いいのですね。

これには卵巣の血流を良くしてあげたり
ストレスを軽減したり、冷えをとったり、
お腹の中の滞りや毒素を排出したりします。

そうして卵巣が元気に働けない原因を
取り除いていきます。

この場合の卵巣が働きにくいのは病気では
ありませんので体質改善で機能が
上がる事が多いのですね。

ですから体外受精を行う時に
排卵誘発剤を使いますが
それに合わせて卵巣を元気にしておく
体質改善をしておくといいのですね。

もしいま体外受精でお悩みでしたら
当院にお気軽にご相談下さいね。

コメント


認証コード9593

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional