和歌山市 海南市 不妊 生理不順 産後ケア 骨盤矯正 婦人科お悩み

和歌山市・海南市の不妊のお悩み。体外受精・人工授精のための体質づくりなら整体りらく亭

妊娠初期や臨月に起こる恥骨痛の原因と改善方法|御坊市 吉備町 湯浅町 不妊整体りらく亭

妊娠初期や臨月に起こる恥骨痛の原因と改善方法|御坊市 吉備町 湯浅町 不妊整体りらく亭

妊娠の初めや出産前に恥骨が痛くて困るという方が
時々います。

そして痛いと言っても軽く痛いというわけではなく
寝返りをしたり起き上がったり、歩いたりするのに
非常に支障が出るほどの痛みです。

人によると
出産の時に出産で痛いのか恥骨が痛いのか
分からないくらいの方もいます。

それほど恥骨痛は出る人にとっては重大な
悩みになります。

ではなぜ???

恥骨痛がでるのか?

大きな原因の一つは骨盤のゆがみです。

恥骨と言う骨は骨盤の一番前にある骨です。

そしてここは骨盤のゆがみに伴って
一緒にゆがみます。

ねじれたりするのですね。

妊娠中は赤ちゃんが大きくなるにしたがって
骨盤も開いていきます。

ところが恥骨がゆがんでねじれていると
開いて行くときに痛みが出ます。

ですから
妊娠初期から恥骨痛が出るかたも珍しくはありません。

ではこの恥骨痛を妊娠中にどう改善するのか?

妊娠中は骨盤矯正などはやってはいけないのでないの?

そう思われることだと思います。

この場合は
直接骨盤は触りません。

骨盤から離れた手の甲に反射点と言って
骨盤矯正ができる点があります。

ここを軽く押すことによって
妊娠中でも安全に骨盤のゆがみをとる事が
できます。

そうして
妊娠中も痛みが少なく
立ったり歩いたりが行いやすいように
していきます。

もし今恥骨痛でお困りでしたら
お気軽にご相談下さいね。

コメント


認証コード8882

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional